法令遵守

特定化学物質指定への取り組み…法令順守(コンプライアンス)について

わたくしどもがリサイクルしている貴金属、レアメタルの中には人体に有害な物質である場合や、不純物として含まれている場合があります。

近年では液晶業界で使用されているインジウムが特定化学物質に指定され、その取扱いについては、特定化学物質障害予防規則(特化則)に基づき健康障害予防措置が法律で義務化されました。

当社ではそのような法令改正に迅速に対応し、適切な環境設備の導入、作業環境の測定、作業環境の改善、法令で指定されている適切な保護具の充実、専門の検査内容を盛り込んだ定期的な健康診断、記録の保管、等を実施し、作業従事者の健康の維持に努めております。

また、特定化学物質を含むリサイクル原料(インジウム原料)については、排出元であるお取引先さまに対しても、委託責任が生じるため、排出(原料移動)の際の密閉梱包容器・荷姿・表示方法のご提案等も実施させていただいております。

今後も新たな元素が有害指定される可能性がありますが、『安全をなによりも優先する』マインドでリサイクル事業に取り組んでまいります。

※インジウム特定化学物質の法改正については、厚生労働省・都道府県労働局・労働基準監督署が通知文書をご確認ください。→インジウム特定化学物質の法改正について

反応ガス
エアーシャワー室
貯蔵
少量危険物倉庫
プッシュプルサンプリング室
本社・工場事務所
分析室
研究開発室
第1、第2工場